免責を上手に使って車両保険を安くする

 

Point. 免責金額を設定していても負担しなくていいときがある

 

免責金額設定 車両保険に入るときには、免責金額を設定する必要があります。

免責金額とは、交通事故を起こして車の修理代がかかった場合に、自己負担する金額のことです。

 

例えば、事故による修理代が30万円で自分が30万円負担しなければならない場合、免責5万円であれば保険金の支払いは25万円(30万円ー5万円=25万円)になります。

免責金額が大きければ大きいほど保険料を安く抑えることができます。

 

しかし、この免責金額を設定していても実際には支払わなくてもいいケースがあるのです。

 

 

相手の過失が大きければ自己負担が発生しない

 

相手のある事故の場合で相手にも過失があるとき、相手の保険会社から支払われる金額が免責金額を上回る場合は、事故負担が発生しないのです。

 

例えば、相手のある事故を起こし、自分の車の修理代が30万円で免責5万円、相手の過失が50%の場合は相手から15万円が支払われることになります。

修理代30万円ー免責金額5万円+相手からの支払い15万円=40万円

自分の車の修理代が30万円であるので超過している10万円を差し引いた30万円が実際の受取額となり、免責金額を設定していても、修理代を満額カバーすることができます。これを回収金規定といいます。

このように、免責金額を設定していても必ずそれを負担しなければいけない訳ではないのです。

 

 

賢く免責金額を設定する

 

その他、免責金額を考える上で大事な事は「車の修理代はいくらまでなら自腹を切ったほうがいいのか」を考えることです。

車の修理の為に車両保険を使うと「等級が3つ」下がってしまいます。

等級が下がると保険料が上がります。

等級や割引率によりますが、5万円ほどの修理代だったらいちいち保険金を請求して等級を下げるよりも、自分で払ってしまったほうが全体的に考えると保険料を安くすることができるかもしれないのです。

そんな時は、最初から免責金額を5万円にしておいた方がお得なのです。

安い修理代をいちいち保険請求する意味はないので、免責金額を高くするという考え方です。

 

 

このように免責金額を上手に設定し、保険料を安く抑えましょう。

 

見積もりだけで楽天ポイントやプレゼントがGETできるおすすめサイト


下記のサイトならプレゼントキャンペーンを行っているので、自動車保険の見積もりだけで契約の有無に関係なく、もれなく楽天スーパーポイントや、抽選で図書カード、人気家電などがもらえます。(プレゼント対象外などの詳細は下記サイトを参照ください)



自動車保険 プレゼントキャンペーン実施中サイト一覧
楽天自動車保険一括見積もり
保険スクエアbang!
価格.com自動車保険 価格.com自動車保険 比較・見積もり


ページトップへ

香水