その特約、必要ないのでは・・・?

 

Point. 保険でカバーしておく必要があるのかを考える

 

自動車保険の中でどんなところで無駄が生じやすいかというと、まっさきに目につくところが「特約」です。

特に保険会社が勧めてきたままの「おすすめプラン」に入っている人の保険には、本来、必要でない特約が盛り込まれていることが多いです。

 

一度、保険でカバーしておくべきことと、そうでないことをよく考えて、できるだけ無駄な保険料は払わないようにしましょう。

 
下記に見直しをオススメする特約を紹介します。

必要ない特約

 

 

見直しをオススメする特約
特約 内容 ポイント
代車費用特約 車両保険に付帯できる特約で、事故の影響で車が利用できなくなった場合に、レンタカー等で代替するためにかかる費用を補償する特約です。 車の修理工場によっては、無料で代車を貸し出してくれるところもあります。この特約は保険料がやや高めなので、必要性を慎重に検討しましょう。
携行品損害補償特約 自動車に積んだカメラやゴルフセットなどの荷物が衝突事故などで壊れたり、盗難に遭ったときに、その損害を補償する特約です。(補償内容の詳細は各保険会社により異なります) よっぽど高額な物品を常時車内に置いているのでもない限り、あまり必要性の高い特約とは言えないでしょう。
ホームヘルパー費用補償特約 人身傷害事故により、家事に従事されている方が入院した場合や、入院したご家族の方の看護で家事に従事できなくなった場合に、ホームヘルパーの雇入費用を補償する特約です。(補償内容の詳細は各保険会社により異なります) 家事をしている方が入院したら、本当にホームヘルパーが必要になるのかをよく考えましょう。家族で協力して家事を分担するなど方法はいくらでもあるのではないでしょうか。

見積もりだけで楽天ポイントやプレゼントがGETできるおすすめサイト


下記のサイトならプレゼントキャンペーンを行っているので、自動車保険の見積もりだけで契約の有無に関係なく、もれなく楽天スーパーポイントや、抽選で図書カード、人気家電などがもらえます。(プレゼント対象外などの詳細は下記サイトを参照ください)



自動車保険 プレゼントキャンペーン実施中サイト一覧
楽天自動車保険一括見積もり
保険スクエアbang!
価格.com自動車保険 価格.com自動車保険 比較・見積もり


ページトップへ

香水