貯金があれば車両保険は不要

 

Point. 修理代を手元の貯金から払えるなら車両保険は不要

 

車両保険をつけると、保険料が一気に跳ね上がります。その為、車両保険への加入は慎重に考えなければいけません。

 

 

車両保険に入るかどうかは、

①自分が事故を起こすリスクはどのくらいあるのか

②修理代が必要になったら手元の貯金から払えるか

を考えることが重要です。

車両保険

 

要するに、運転に自信があり起こしたとしても小さな事故で、多少の修理代なら貯金で対応できる方は、車両保険には入らなくてもいいでしょう。

逆に、運転に自信がなく、もし何かあったときに車の修理代が用意できず、長期間車が使えなくなると仕事や生活に支障がでる方は、車両保険に入ったほうが良いでしょう。

 

基本的にはこのような考え方で「車両保険に入るべきか、入らざるべきか?」決めるべきです。

下記に具体的なケースをお伝えします。

 

 

車両保険に入った方が良いケース

 

① 運転免許を取りたての人

② 運転に自信がない人

③ 高級車に乗っている人

 

運転免許を取りたての人や運転に自信がない人は、事故を起こすリスクが高い為、車両保険に入った方が良いでしょう。また高級車に乗っている人も車両保険には入った方が良いでしょう。小さな事故でも修理代が高額になることがあるからです。

 

 

車両保険に入らない方が良いケース

 

① 年式の古い車に乗っている

② 運転者の年齢条件が低い

③ 等級が低い

 

この3つの条件が揃った場合、車両保険に入ると損をする場合が多いです。

例えば、かなり古いアルトに乗っているケース。古い為に車両保険金額は20万円しかつけられない。その車には21歳の娘も乗る為、運転者の年齢条件は「21歳以上補償」。契約者であるご主人の等級は「4等級」。

それで計算すると車両保険部分の保険料が年間10万円程になることも!

20万円の補償を得る為に、10万円も支払う事になるのです。これはもったいないですよね・・・・

 

見積もりだけで楽天ポイントやプレゼントがGETできるおすすめサイト


下記のサイトならプレゼントキャンペーンを行っているので、自動車保険の見積もりだけで契約の有無に関係なく、もれなく楽天スーパーポイントや、抽選で図書カード、人気家電などがもらえます。(プレゼント対象外などの詳細は下記サイトを参照ください)



自動車保険 プレゼントキャンペーン実施中サイト一覧
楽天自動車保険一括見積もり
保険スクエアbang!
価格.com自動車保険 価格.com自動車保険 比較・見積もり


ページトップへ

香水