保険を使わず自腹を切る

 

Point. いくらまでなら自腹を切ったほうがいいのか保険会社に試算してもらう

 

自腹 保険料を安くする為には、無事故を続けて等級をアップさせることが重要です。

ところが、事故で保険を使ってしまうと、一気に3等級もダウンしてしまいます。

 

 

今後の保険料を考えて判断する

 

事故が起きた時に「保険を使うのか」「使わないのか」の判断はとても重要です。

わずか2、3万円の保険を請求して翌年3等級ダウンすることを考えれば、その分自腹を切ってでも1等級アップさせておいたほうが得なケースがあるからです。

 

要するに、保険を使った場合に支払われる金額と、翌年以降にアップする保険料との差額を考えて、保険を使うかどうかを判断するのです。

 

 

等級が低い人は保険の使用は慎重に

 

目安としては、等級が高く割引率が高い人なら、保険金が10万円程度でも保険を使って損をすることはないでしょう。

しかし、等級が低く割引率が低い人なら、保険金が20万円以上でなければ保険を使わない方がいいでしょう。

実際に判断する場合には、具体的な金額を保険会社に試算してもらいましょう。

そして、「いくらまでなら自腹を切ったほうがいいのか」をしっかりと見極めましょう。

事故の度に保険を使っていたのでは、あっという間に最低の1等級に下がってしまい、割高な保険料を負担することになります。

最悪の場合、保険会社から更新を断られることもあります。

軽い事故で損害額が少ないときには、安易な保険の使用は控えましょう。

 

 

もっと賢い保険の使い方

等級を下げない方法(対物事故で、相手への賠償金が小額で済む場合)

保険に示談交渉サービスがついていれば、相手との交渉だけは保険会社に依頼し、保険金の請求はせずに自腹を切る。

これなら「事故なし」扱いとなり、等級が下がらずに済みます。

 

見積もりだけで楽天ポイントやプレゼントがGETできるおすすめサイト


下記のサイトならプレゼントキャンペーンを行っているので、自動車保険の見積もりだけで契約の有無に関係なく、もれなく楽天スーパーポイントや、抽選で図書カード、人気家電などがもらえます。(プレゼント対象外などの詳細は下記サイトを参照ください)



自動車保険 プレゼントキャンペーン実施中サイト一覧
楽天自動車保険一括見積もり
保険スクエアbang!
価格.com自動車保険 価格.com自動車保険 比較・見積もり


ページトップへ

香水