重傷事故では訴訟まで考えておく

 

Point. 賠償交渉の流れを知っておく

 

交通事故訴訟

重傷事故の被害に遭って、後遺障害が出そうなケースにおいては、将来の賠償交渉の流れを知っておくことが大切です。

賠償交渉の流れを知っておくことで、計画性をもった対処ができるからです。

 

 

① まず治療に専念する

大きな怪我を負った場合、まずは治療に専念しましょう。
治療で仕事を休み、収入に影響が出た場合は、休業損害を請求しましょう。また、通院に利用したタクシーの領収書なども、集めておきましょう。このとき、症状を詳しくカルテに書いてもらうことが、とても大切です。この時点で保険会社から治療費、通院費、休業補償等の支払いがあります。

 

 

② 症状固定

「治療を継続しても、症状が改善する見込みがない」と判断されると「症状固定」となります。症状固定になると、保険会社からの入通院治療費や休業損害などが打ち切られます。症状固定の後は、後遺障害慰謝料、逸失利益として賠償請求を行います。

 

 

③ 自賠責保険へ被害者請求・後遺傷害等級認定

交通事故証明書をはじめとする様々な書類を手配し診断書の取得を行います。症状固定後は、後遺障害等級をもとに損害額を積算します。後遺障害等級の認定に際しては、診断書の記載漏れ、検査漏れがないか、専門知識のある弁護士にチェックしてもらいましょう。この時点で適正な等級を取得しておかないと、後の示談や訴訟で賠償額が変わってきます。

 

 

④ 加害者側と賠償交渉

加害者側に示談案の提示を行い、最終的な解決方法を選択します。
加害者側との交渉が決裂したら訴訟などにもち込むことになります。

見積もりだけで楽天ポイントやプレゼントがGETできるおすすめサイト


下記のサイトならプレゼントキャンペーンを行っているので、自動車保険の見積もりだけで契約の有無に関係なく、もれなく楽天スーパーポイントや、抽選で図書カード、人気家電などがもらえます。(プレゼント対象外などの詳細は下記サイトを参照ください)



自動車保険 プレゼントキャンペーン実施中サイト一覧
楽天自動車保険一括見積もり
保険スクエアbang!
価格.com自動車保険 価格.com自動車保険 比較・見積もり


ページトップへ

香水