保険金請求にも時効がある

 

Point. 保険金請求は3年で時効になる

 

保険金を請求する権利(保険金請求権)には時効があります。

保険金請求権が発生した時点の翌日から3年が経過すると時効になるのです。

その為、事故に遭ったときは自分が加入している保険でどの補償が対象になるのかその都度確認するようにしましょう。

保険金請求時効

 

 

一般的な保険金請求の時効の考え方
補償項目 起算日 時効
対人賠償
対物賠償
加害者と被害者の間で和解、調停、書面による合意(示談)が成立した日の翌日 起算日より3年
人身傷害 死亡の場合 死亡した日の翌日
後遺障害の場合 後遺障害が生じた日(症状固定)の翌日
傷害の場合 平常な生活・業務に従事できるようになった日の翌日。傷害一時金の場合は治療日数が5日となった時または治療が終了した時の翌日
車両保険 損害が発生した日の翌日

 

 

搭乗者傷害保険は忘れやすい

 

保険金の請求をし忘れるケースで多いのが搭乗者傷害保険です。相手がいる事故で、相手が100%の過失であった場合、当然のことながら相手の保険会社から補償されます。これで、つい安心してしまうのが落とし穴。自分が搭乗者傷害保険に加入していれば、相手からの補償に関係なく、利用することができます。

 

搭乗者傷害保険以外にも、知らないうちに加入していた特約などの請求漏れが以外と多く見られるようなのでしっかりとチェックしておきましょう。

 

 

時効まで3年ありますから思い当たる人は、再度、事故当時に加入していた保険証券で、補償内容を確認してみましょう。

 

見積もりだけで楽天ポイントやプレゼントがGETできるおすすめサイト


下記のサイトならプレゼントキャンペーンを行っているので、自動車保険の見積もりだけで契約の有無に関係なく、もれなく楽天スーパーポイントや、抽選で図書カード、人気家電などがもらえます。(プレゼント対象外などの詳細は下記サイトを参照ください)



自動車保険 プレゼントキャンペーン実施中サイト一覧
楽天自動車保険一括見積もり
保険スクエアbang!
価格.com自動車保険 価格.com自動車保険 比較・見積もり


ページトップへ

香水